スキンケアを選んでいると

敏感肌、乾燥肌として表記されているセラミドという成分を目にする機会も多いのではないでしょうか。

これは、無くてはならない成分

セラミドのすごいのは、ため込む事が出来るという保湿力。

人の肌の内部に存在する成分の一つ

水分や油分をためる保湿成分。

ヒアルロン酸やコラーゲンもありますが、大きな特徴はバリアとしての役割を果たす約半分を占めているという事。

水分と油分のバリアをはり、水分の蒸発を抑制

セラミドが不足は、紫外線や最近に弱く、その結果として肌荒れや肌の乾燥に。

セラミドを補うという事は、若々しくみずみずしい肌を維持するためには、必要不可欠なのです。

朝、起きるともうカサカサ・・・

化粧水で水分のみを与えても、受け止めてくれるスポンジがなければすぐに蒸発していってしまいます。

「セラミド」配合の化粧水なら、化粧水の水分をしっかりお肌の内部に閉じ込めてくれます。

また「セラミド」には「細胞間脂質」に存在する「ヒアルロン酸」の保湿力をさらに高めてくれるという特長もあります。

だから「セラミド」が配合された化粧品は、その他の保湿成分と相乗効果を発揮し、さらにうるおうという効果をもたらしてくれます。

そして「セラミド」が存在するのはお肌の一番表面の角質層。

一番表面だから、内からの補給や改善を待つより、化粧品で塗布してしまう方が効果が早いです。

これなら、日中も夜間もうるおいたっぷりのお肌を維持できます。

これが1番!刺激の少ない「ヒト型セラミド」

価格も効果も変わりますが、選ぶポイントは自分の肌の「乾燥具合」を考慮して選ぶことをおすすめします。
「セミラド」自体は油性の成分のため、「べたつく」気がするかも。

あなたの乾燥に合ったものを選んでください。
ありとあらゆる肌トラブルの引き金となります。

乾燥を感じた時が、本格スキンケアの始め時と言えるでしょう。
そして、肌のバリア対策。

バリア対策は「セラミド」対策!

スキンケア品で乾燥と無縁のお肌を育てましょう!

保湿やアンチエイジング等いろいろな部分に重点を置いた化粧品がたくさん販売されていますが、中でも一番女性が気になる部分は「美白」だと思います。

実際、お店には以前よりも美白に重点を置いた化粧品がたくさん取りそろえられているのを目にします。

スキンケアを選んでいると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップへ戻る