恋愛とパワーとフォース

この記事は5分で読めます

power

こんにちは、新田です。

エネルギーの話の3回目です。
先に前の2記事を読んでおいて下さい。

食とエネルギーとコミュニティ

エネルギーと組織論

今日はセミナーでエネルギーレベルの話が出てて、
その懇親会にて、恋愛系(復縁関係)でビジネスをされている方がいました。

その人は既にそれなりにお客は集まっているそうなのですが、
なかなか「コミュニティ化」が難しい、
という事を言っていたので、折角なのでその場で解決しようと、
どうしてなのか聞いてみたんですね。

すると、こんな答えが返って来ました。

「復縁って、目的が達成されたらそれで僕の枠目は終わってしまうんです。
だから、そこから先に繋がらないんですよ。」


・・・と。

なるほど、確かにそうだな、と。


ここで安易にやってしまうのが、

「恋愛がうまくいったら、次はビジネスもやりましょう!
恋愛にはお金がかかるから、自分で稼げるようになりましょう。」


みたいな感じでビジネスに繋げる、という事です。


もちろん、こういうズラし方も悪くはないし、
多分これでも一定数は来てくれます。

しかし、これでは「コミュニティ」になっていません。


コミュニティベースでの”ズラし方”というのは、

「ある軸に沿って”抽象化”する事で、両者を繋げる」

という事です。


これはどんな軸でも良いのですが、
例えばその日は「エネルギーレベル」という軸で
恋愛について考えてみたんですね。


復縁をしたいと思っている状態、というのは、
要するにフラれてその人に未練が残っている状態です。


それはつまり過去の記憶を思い出す度に頭を悩ませ、
エネルギーレベルが常に低くなっている状態です。
(過去にとらわれている状態とも言えます。)

エネルギーレベルが低くなると、
それは相手も察知します。


たとえ意識していなくとも、
「雰囲気(表情や仕草など全て含む)」
などから、エネルギーレベルが低い事は非意識で分かるのです。
(ぼやっとした言い方をすれば「オーラ」です。)

特に、女の人はそういった事は敏感に察知するようにできています。


理由は簡単で、
雌は、1回子供を生んだら一定期間新しい子供を作れないからです。

一方で、雄は、子供を作ってもすぐに
相手を変えれば新しい子供を作る事が可能になります。


もちろん、現代の人間の場合は(法律的に)そんな事できなのですが、
僕らの持つDNAは基本的に原始時代からほとんど変わっていません。

原始時代には「収入」などのファクターはありませんし
一夫一妻制みたいなシステムも多分ありません。


だから、雌は、雄を慎重に選ぶようにプログラムされていて、
それは今でも変わっていないのです。

そして、その中で特に重視するのが「エネルギーレベル」です。
なぜなら、エネルギーレベルが低い雄と子供を作った場合、
自分の遺伝子が残る可能性が低くなります。

現代と違って、エネルギーレベルが低い個体(遺伝子)は容易に淘汰されてしまいます。


前回話しましたが、生物の究極の目的は、
「自分の”遺伝子”を残す事」
です。

種でも個体でもなく遺伝子です。

なので、(子供を生める回数が少ない)雌にとって、エネルギーレベルの低い雄は、
相手にするだけ時間が勿体無いのです。


それ故、エネルギーレベルの低い男が近づいてきた場合、
拒否反応を起こすようプログラミングされているのです。
(正確には、そのプログラムを持っている遺伝子が結果的に残ったという事です。)


・・・みたいな話から、まず「エネルギーと繋げる」事によって、
例えばそこから「健康」に繋げる事もできるし、
もちろん「ビジネス」に繋げる事もできます。


ここでは、
「エネルギーレベルを上げる」
という軸で、色んなものを繋げたわけですね。


この繋げ方は結構便利で、
コミュニケーションでも、ビジネスでも、恋愛でも、健康でも、
色んなものがこの軸で繋がるからです。

復縁系の購入者に、復縁のテクニックとか話しても、ありきたりでつまんないんですよ。
(よっぽど凄いテクニックなら別ですが、それだけだと卒業されて終わりです)
そうじゃなく、少し抽象レベルを上げた話をしながら、
色んなジャンルに移動させていく事で、皆の視野が広がり、エネルギーレベルも回復していきます。

エネルギーレベルが回復したら、何故か自然と復縁できた、
むしろ向こうから復縁を迫ってきた、
なんてのはよく聞く話です。

結局、エネルギーレベルの低い状態をなんとかすれば、
大抵の問題は解決するわけです。

※因みに、ちまたによくある恋愛テクニックとやらは全て、
「自分はエネルギーレベルの高い人間である」と思わせるための手法だったりします。
だから一時的にうまくいっても、相手がエネルギーレベルが思ったのと違うと分かればすぐに冷めます。



ところで、エネルギーレベルの話に関してもう少し補足しておくと、
エネルギーレベルはある一定の基準を超えるかどうかで、
「パワー」と「フォース」という全く別の性質を持った2つに分けられます。


パワーの人は、エネルギーが高く、余っているので、
他人に対してエネルギーを与える事ができます。
(このエネルギーは、例えば「価値」などに変換して理解しても良いです。)

一方でフォースの人は、エネルギーが不足している状態で、
他人からエネルギーを奪う事で補おうとします。
(別に意識してそうするというよりは、勝手にそうなってしまうという事です。)


そして、パワーの人も、ずっとパワーの状態とは限りません。
エネルギーが一定値よりも下がれば、フォースの状態になります。


例えば、強いストレスを与え続ければエネルギーはどんどん下がるし、
フラれて悩み続けたりしてもエネルギーはどんどん下がっていきます。

この原理的な部分をお話すると、
以前、感情は経絡と対応しているという話をしましたが、
「怒り」「悲しみ」「嘆き」「罪悪感」といった特定の感情が強くなれば、
それに対応する経絡が切れて、エネルギーが流れなくなります。

例えば、罪悪感が強いと、肺と大腸の経絡が切れます。
そして、経絡はあちこち繋がっているので、
どこかが切れると、他の部分にもエネルギーが流れなくなって、
他の部分もどんどん切れていくようになります。
(ついでに言えば、経絡は筋肉とも対応しているので、
肉体のパフォーマンスまで悪くなっていくのです。)



そして、エネルギーレベルが一定値を切ってフォースの状態になると、
・他人の悪い部分ばかり見えてくる
・自分の思い通りにならないと嫌
・誰かを自分がコントロールしたい(支配したい):支配型
・誰かに助けて欲しい(依存したい):依存型

などといった症状が出てきます。

よく、夜中に家族と喧嘩をして、
もう二度と口聞いてやらない!って思いながらも
朝になったらケロっとした顔で「おはよう」って言ってたりする人っていますよね。

あれは、エネルギーが下がってる状態で相手の悪い部分ばかり見えていたのが、
ぐっすり寝てエネルギーが回復したら
「何であんな事で怒ってたんだろう」
と思ったりするからです。


だから、例えばメルマガで何かをセールスする時は、
フォースの状態では書いてはいけません(つまり朝書いた方が良いのです)。

何故なら、フォースの状態では、
「相手からエネルギー(この文脈ではお金)を奪ってやろう」
という意識で書いてしまうからです。

こうなると、相手はそれを(意識していなくとも)察知してしまうので、
逆に売れなくなるのです。


一方で、パワーの状態では、
「相手にエネルギー(この文脈では価値)を提供しよう」
と思って書くので、結果的に売り上げは上がります。


コミュニティビジネスを行う際、
特に参加者同士の交流を活発にする場合は、
パワーの人をなるべく増やしていく事を考えるべきです。
(フォースの人を排除しないといけない、というわけではなく、
純粋に、皆のエネルギーレベルを高めていきましょうという話です。)

それはつまり、
エネルギーレベルの高い空間を作る
という事です。

エネルギーレベルとはポテンシャルエネルギー、
つまり山を登るようなイメージです。

エネルギーレベルの高い空間には、
エネルギーレベルの低い人はそもそも辿り着けません。
(ポテンシャルの山をのぼれないのです。)


なので、エネルギーレベルの高い空間には、
自然とエネルギーレベルが高い人が集まってきやすくなります。

また、前回話した「場の力」によって自然とエネルギーが上がっていきます。


もし、そこがエネルギーレベルの低い空間で、
更に参加者がフォース状態の人ばかりだと、
お互いにエネルギーを奪い合っている状態なので、
成功者は全く出ません。

島田紳助さんがかつて、若手芸人を集めて行ったセミナーで、
こんな事を言ってました。

「お前ら、あんまり長い時間一緒におったらあかんで。
なぜならお前らはまだ成功してないからや。
成功してないもん同士がずっと一緒におったらそれがコンフォートになってしまうやろ。
だから、一緒にいる時間は『お互い頑張ろうな』って励まし合うくらいにして、
後はそれぞれ別れて1人で頑張った方がえぇねん。」


大分前に見たのであまり記憶してないんですが、
確かこんな感じの事を言っていたと思います。
(読むと紳助さんの音声で再生されるのが凄い!)


そして、これは多くの人にとって非常に耳がイタい、
しかし真実を語っていると思います。


(ふわふわした感じの)自己啓発系コミュニティに多いのは、
リーダーが「支配型フォース」で、
参加者が「依存型フォース」のケースです。
(注:フォースにはこの2種類があります。)

どういう事かというと、参加者全員が、
リーダーにエネルギーを与え続けている状態です。
結果、はたから見ると”宗教的な”コミュニティになります。


だから、リーダーのすべき事は、
なるべくエネルギーレベルの高い空間を作って、
(自分を含めた)全員のエネルギーポテンシャルの基準を上げていく事

です。


全員がパワー状態を維持できるコミュニティは、
お互いに学びを提供し合い、シナジー(相乗効果)が起きて
コミュニティ全体のエネルギーレベルが一気に上がっていきます。

しかも、コミュニティって全員の脳波が揃っていくので、
エネルギーレベルの高い状態で脳波が揃えば
強い共鳴を起こします。

そんなコミュニティが、世界のあちこちにできたら、素敵やん!(あ、また音声再生された)

という事を僕は思って今日も頑張ってます。


それでは、今日はこの辺で!
有り難う御座いました。


PS.
アクセスが結構来てるので、ブログランキングはじめてみました。
どれくらいいくか楽しみにしてて下さい!笑

健康と医療 ブログランキングへ


PS2.
ヨガマスターの話がカラー版になりました。
良かったらこちらもどうぞ。
ヨガマスターに会ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ind2
  2. sarunowakusei
  3. ind1
  4. otya
  5. kusuri7
  6. utyu
  1. 新田さんこんばんは。
    僕は今コミュニティ作りをしているのですが、
    自分自身がまずパワーにならないといけないなと強く感じました。

    (メンバーがフォース型だとしても
    上に引っ張ってあげられるような存在になりたいです)



    現在、大学受験生のコミュニティを運営していて、
    どちらかというとフォース型が多いと感じます。

    自分のパワーを高めて、コミュニティ全体の
    エネルギーレベルを上げていく努力を毎日していかなければなりませんね。



    僕を含む、若い人って運動や食事が
    エネルギーにつながることを認識していない事が多いですね。

    つい運動や睡眠を疎かにしたり、
    ジャンクフードばかり食べたりする人が多いようです。

    最近やる気がでないよーって言ってる人の
    食生活を聞いたら、水道水ばかり飲む、
    ジャンクフードばかり食べてる、運動しない、寝不足と、
    エネルギーレベルを下げるもののオンパレードでした(笑)


    一人ひとりのエネルギーレベルを上げるように
    コーチングして、コミュニティ自体のエネルギーレベルも
    上げられるように運営を頑張って行きたいと思います。

  2. 新田さん、懇親会、お疲れ様でした。

    最近、ビジネス系でもサイト作りだしたので、
    恋愛系と、どう繋げていこうか、ピンとこなかったんですよ…。

    だから、新田さんがおっしゃた通り、

    「恋愛がうまくいったら、次はビジネスもやりましょう!
    恋愛にはお金がかかるから、自分で稼げるようになりましょう。」

    ボンヤリとですが、こんな感じで考えていました。
    危なかったですね…^^

    エネルギーの話で繋げる。
    いいヒント、ありがとうございます。

    彼氏、彼女に振られて、完全にフォースになっている。
    まさに、その通りで、振られた人は、与える気持ちが無くなってしまっていて、
    元彼、元カノから奪う気持ちしかないんです。
    だから、それを相手に敏感に感じ取られてしまい、
    多くの人が、音信不通になっているんです。

    エネルギーの話、パワーとフォースの話、
    そういった、一見、恋愛とは関係ない部分を恋愛と繋げていく。
    なるべくエネルギーレベルの高い空間、提供していきたいと思います。
    ありがとうございました^^

  3. 新田さん
    こんばんは。

    僕はスクール運営を行っているので、いかにコミュニティ力を高められるかを意識しています。

    最大のポイントがいかに自分がパワーの存在であるかという事だと思います。

    その学びの為、先日もある研修に行ってきたのですが、この記事含め、エネルギー、場のお話がシンクロした感じでした。

    その塾は少人数制で2泊3日の合宿をします。

    指導者は格闘技の世界で世界チャンピオンを8人、日本チャンピオンを20人以上育てた方。

    リーダーとして大切な心を育てる前にまず体作りをします。

    身体作りといってもハードなトレーニングをするのではなく、身体のエネルギーを引き出す為の呼吸と体操を学びます。

    その呼吸と体操をした後は、重心が下がり、地に足が着いた状態になります。

    すると立ち姿、オーラが変わります。

    また、同じ呼吸、体操を家で行っているのと、合宿に来て道場で行っていると全然感覚が違います。

    これが場の力だと感じます。

    >>エネルギーレベルの高い空間には、
    エネルギーレベルの低い人はそもそも辿り着けません。
    (ポテンシャルの山をのぼれないのです。)

    また、辿り着いても、
    「場の力」によって自然とエネルギーが上がっていきます。

    記事のこの部分がほんとに納得できて、1年前の自分ならきっとそこに辿りつかなかったし、

    今回その場にいて、エネルギーが上がる自分を感じました。

  4. 新田さん、こんばんは。伊藤です。

    メルマガを書くときのエネルギーレベルの話、
    とても良い気付きを頂きました。

    僕は最近メルマガを発行し始めたのですが、
    「読者にプラスの影響を与えられている内容になっているなあ」と胸を張って思える日と、
    「なんだかこれは、、、?」という日があって、
    自分の影響力の平均レベルを引き上げるにはどうすれば良いか?という悩みがありました。

    正体はエネルギーレベルだったんですね~。

    まあ、僕が今、パワーとフォースの境目にいるからこその振れ幅なのでしょう。

    これからはメルマガを書くときの自分のコンディションをより意識するとともに、
    自分のエネルギーレベルの平均値を引き上げる努力を一層していきたいと思います。

    自分のコンディションを知るうまい方法は無いものでしょうか?
    自分の状態を客観的に把握できれば、かなりやり易くなると思います。

    そこのあたりを、今後の記事で触れていただけたなら嬉しいです。

    良い記事をありがとうございました。

  5. 新田さん、こんばんは。


    以前パワーとフォースのことを教えてもらってから、
    人と会う時に意識してるんですが、

    今までだったら、
    「笑顔が素敵な人だな」とか、「人当たりがいいなあ」とか、
    曖昧な表現で片付けてしまってたんですが、

    いまだと、「この人はパワー型の人なんだな」
    と考える事が出来るようになり、

    そこから、パワー型の特徴やフォースの特徴などが、
    自分の中で整理されるようになりました。

    新田さんにはいつも新しい概念を教えて頂くので、
    いままで気に留めなかったことも、

    「こうゆうことだったのか」と気付ける瞬間が多く、
    なんというか…充実してます 笑

    ありがとうございます!



    今回の記事では、

    >だから、例えばメルマガで何かをセールスする時は、
    >フォースの状態では書いてはいけません。

    ここスゴく共感できました!

    確かにフォースの状態だと、自分の気付かないところで、
    フォースな言葉・文脈を選択してしまっているように思います。


    「文章は感情が伝わる」

    と言われますが、
    パワー・フォースの概念を知ることで、
    「文章は感情が伝わる」ということを、
    別の角度から理解する事が出来ました。


    こんな風にたくさんの角度から見れるよう、
    いろんな事に挑戦していきたいと思います!

  6. 僕も復縁系の商品を扱ってるので、
    とても参考になりました。

    復縁目指してる人は本当に依存型が多いので、
    小手先のテクニックを知りたがります。
    一発で復縁みたいな。

    冷却期間を設けることを必須としていますが、
    その間に実践してもらうこと(エネルギーを上げる)のヒントになりました。

    有り難うございます。

  7. 新田さん、こんにちは。


    よく恋愛や復縁のことを書いたブログなどはありますが、
    そこをエネルギーの話で繋げているものは読んだことはなく、
    凄く興味深く、かつ楽しく記事を読まさせて頂きました。


    エネルギーの話しで恋愛・復縁のことを繋げると、
    こうもわかりやすく、納得してしまうものなんですね。


    記事を読みながら、「なるほど!」「確かに!」と
    思わず言いながら読んでいました。


    さらにそこからフォースとパワーの話に繋がり、
    より理解度が高まりました。


    また私もコミュニティー作りをしているので、
    凄く学びになる部分が大きかったです。


    今後は素敵やん!なコミュニティー作りに励みます!

  8. 新田さん

    すてきやん!な話ありがとうございます。
    島田紳助凄いですよね。

    いつも説得力のある、腑に落ちる話し方をしていて、好きだったんですが。。。


    今回凄く読みやすかったです。
    やはり恋愛という自分の凄い好きな事にコミットして
    書かれてるからでしょうね。

    ビジネスで復縁したらそれで終わりというのも
    そうだなーと。

    そしてそこからエネルギーとかの話に行くとか予想してなかったです。

    でもこのエネルギーでのフォースとパワーの話って
    抽象化するとすべて繋がっていくんですね。

    まだここら辺が上手く出来てないので、少しでも
    そういう視点を持つように心がけていきたいと思います。




    ちなみに恋愛での法則で私が取っていたやり方は、

    振られた女はどれだけそのとき頑張っても無理。

    なので

    期間をおいて自分を成長させる。

    そうするともうその振られた人の事とか忘れてきて、
    さらに良い人が現れるという引き寄せの法則が
    よく働いてました。

    今回みたいに説明してもらうと、理にかなってた!
    と答え合わせのように思った今日のお昼の事でした。

    引き続きよろしくおねがいいたします

  9. 新田さんこんばんは、わっきーです。

    >>「ある軸に沿って”抽象化”する事で、両者を繋げる」

    これを知った時(正確に言うと気づいた時)は感動しました。

    というか、言葉にはしづらいんですが、
    なんか脳みそが覚醒したような感覚に陥ったんですよ。


    例を出すと、
    以前はせどりとアフィリエイトのことを個別に考えていたんですが、
    両者の共通点などをぼんやりーと歩いている時に考えていたら


    あれ?これ一緒じゃね?

    となぜかいきなり脳みそが切り替わったのです。


    それからは株だろうが、
    ビジネスだろうが、
    生物学だろうが、

    ほとんどのものが「つながる」ようになりました。


    本当に衝撃です。

    受験生時代に数学が苦手だった理由なども判明しました。


    僕は当時数学をある程度暗記として捉えていたので、
    すべての問題が繋がっていないような気がしていたのです。

    なので似たような問題を永久に解きまくる。

    という非効率な勉強をしていたように思えます。


    つながる感覚を意図的に養えるようなトレーニング手法を最近は考えています。


    これ受験生にも使えるし、
    これ覚醒すると勉強が超楽しくなるので、
    ぜひ伝承したいなと!


    >>「ある軸に沿って”抽象化”する事で、両者を繋げる」
    これは改めて役立つので、コメントしました。

    • 山崎亮
    • 2014年 10月2日

    新田さん、懇親会お疲れ様でした

    山崎です。

    あの場にいて

    「ある軸に沿って”抽象化”する事で、両者を繋げる。っとわかった事が今日一番のお土産だなー」

    と思っていたら、今回新田さんがブログの記事で触れていたので、同時に

    『日常をコンテンツ化する』

    っと言う過程を、生で見れたのが僕にとって大きなものでした。

    「なるほどなー。あそこの会話の部分をこんな風に持ってきているか」

    みたいな。

    木坂さんのセミナーで学べる事はもちろん、
    新田さんの懇親会ではその日に学んだ事をアウトプットして、
    フィードバックを受けれるので、

    懇親会に出るたびいつも得した気分になります(笑)


    今回もありがとうございました!

    • しんご
    • 2014年 10月2日

    新田さん

    おはようございます。


    今の僕にとってとてもタイムリーな
    話題だったので面白かったですし、
    参考になりました。

    エネルギーを放出しながら
    しっかりと向き合いたいなと
    思ってます。

    この記事を書いて頂いてありがとう
    ございました。

    • 藤井 誠二
    • 2014年 10月2日

    新田さん、こんにちは!
    今回も面白く読ませていただきました。

    特に印象的だった部分を書かせていただきますね。↓



    ■パワーとフォースの違いについて

    「緑茶と紅茶」に似ているな、と思いました。
    「葉っぱは同じで、発酵レベルが違うだけ」という点で。

    どちらも「自分の遺伝子を残したい」という目的から生まれているなら、
    フォースがあること自体は、悪いことではないんだな、と感じました。
    (まだレベルが低いというだけで)

    活動すれば老廃物が出る、というのと同じで、
    自分の見にくい部分を直視しながら、フォースの段階を早く超えるべきなのだな、
    と思いました。



    ■生命の目的について

    これもとても面白かったです。

    前回のお話にも出てきた点で、
    「人間はコミュニティも自分の遺伝子の一部と見なすことができる」
    という点が気になっています。

    というのは「そう思える人は、科学的にどうして、そう思えるのか」ということです。

    抽象度を上げても「○○さんの教え」という部分に、物理的な遺伝子はありません。
    物理的な遺伝子がないところに「ここに自分の遺伝子がある」と、
    体が信じられる根拠は何なのだろう、と思いました。

    「自分が信じていることを貫くと、脳にいいホルモンが出るから」とか、
    そういう個人レベルの理由ではない気がします。
    (それだと「個体の保存」ですもんね)

    実際、「コミュニティを自分の遺伝子と見なす」の究極は
    「世界平和」なのだと思いますが、
    それにコミットできるのは1000万人に1人ということで、やはり「ほぼゼロ」ですよね。

    ということは、これはもはや
    「突然変異」のレベルなのだろうか、と思いました。

    それとも、他人の脳の中に残るホルモンを、
    自分の遺伝子と見なす機能が、人間のどこかにあろうのだろうか、と思いました。


    ————————————

    …以上です。
    いつも色々考えるきっかけをいただけて、ありがたく思っています。

    (あと、書かれている通り、こういう思考をビジネスにつなげていきたいですね)

    新田さんの記事へのコメントは、ついつい色々考えこんでしまうので(笑)、^^;
    毎回コメントさせていただけるかわかりませんが、
    記事はいつも楽しみにしています。

    また面白いお話、楽しみにしていますね!

    藤井 誠二

  10. 新田さん、こんにちは。

    今回の恋愛とエネルギー
    すごく参考になりました。

    まだまだ、スッキリとまではいきませんが、
    感覚的にすごいよくわかりました。

    今までだと、ん?っていう感じになったりもしたのですが、少しずつ理解出来るようになって来たのが、楽しいです!

    これからもよろしくお願いします。

  11. 新田さん、こんばんは。


    「エネルギーレベルを上げる」ってことが
    全てにおいて重要なのだと思いました。


    エネルギーレベルの低い状態をなんとかすれば、
    大抵の問題は解決する。


    すっごく実感できました。



    わたしは主婦なので、自分のエネルギーレベルが低いと
    家族全員に影響させてしまいます。

    エネルギーレベルの低い人が作った料理を食べれば
    食べた人のエネルギーレベルが下がる。

    思い当たることが沢山あります(^_^;)



    ビジネスとかコミュニティとか言う前に
    自分自身のエネルギーレベルを上げられるように
    しないといけないですね。


    わたしはいつも、新田さんからエネルギーをもらっている
    ような気がします。

    今、この記事を読むまで自分は普通の状態でいると思っていたけれど
    記事を読み終わった後、すっごく元気になったんですよ。


    自分で気が付かないだけで、エネルギーレベルが下がっていたのかも。


    新田さん、いつもありがとうございます。


    わたしも、新田さんのように皆のエネルギーレベルを高められる
    ような人になりたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebook

Facebookやってます。
友達申請orフォローはお気軽にどうぞ~!
新田祐士公式Facebook

ビジネスメルマガやってます
登録はこちらからどうぞ!
メルマガ

プロフィール

著者:新田祐士
普段はビジネスのコンサルやシステム制作をしつつ
医療を学び、世界に伝えていく活動をしています。

facebook

カテゴリー